ブルーベリーの花を訪れるミツバチ。ブルーベリーの花は4月中旬〜5月中旬に見られます。

埼玉県でブルーベリー狩り

 埼玉県美里町は、ブルーベリーの植栽面積が40ヘクタールもあり日本一の産地として有名で、ブルーベリー狩りのできる農園も30以上あります。なお、美里町は、うめ・あんず・プルーン・ブルーベリーの4種類の果樹を奨励し、「フルーツの里」としてPRしています。また、観光果樹園が盛んな秩父市でも、下吉田地区に計3.2ヘクタールのブルーベリー園があります。
 埼玉県では、早生種のブルーベリーが6月中旬頃から、晩生種のブルーベリーが7月下旬〜8月下旬頃まで収穫できます。




ブルーベリー狩りの期間は、気候状況によって前後することもあります。また、料金や栽培品種等は変更されることがありますので、各農園にご確認ください。
春日部市(かすかべし)
森田ブルーベリー園:ブルーベリー狩りは、6月下旬〜9月上旬頃、食べ放題。無農薬栽培でハイブッシュ系とラヴィットアイ系が250本。

美里町(みさとまち)
 ブルーベリー狩りのできる農園は30以上あり、料金は共通で、入園料小学生以上300円、持帰り料金1kgあたり1,300円となっています。
美里町のブルーベリー農園一覧と地図
ファームてんとうむし堀内ファーム、あざみ農園、あんのファーム、飯野農園、池田ブルーベリー園、うえだ農園、内田農園、果実の里さくらい、北野農園、小暮常正農園、小暮寅蔵ブルーベリー園、古代豚ブルーベリー園、小林農園、塩原農園、清水ブルーベリー園、徳世農園、中島農園、中島ブルーベリー園、のぐちブルーベリー園、はやし農園、ファーム田村、ふかさわブルーベリー園・うさぎブルーベリー園「青空」「ブルーベリーの丘」てらお「ブルーベリーヒル」ワケス、ブルーベリー深沢農園、ベリーベリー、松本農園、みのり農園、村上園、もちだブルーベリー園、茂木ブルーベリー園

所沢市(ところざわし)
陽子ファーム:6月下旬〜8月上旬、1,050円(入園料+ブルーベリー狩り1パック分)。無農薬。JR武蔵野線「東所沢駅」下車 徒歩25分

狭山市(さやまし)
狭山ベリーランド:6月中旬〜9月中旬、30分間食べ放題、小学生以上1500円。約50品種栽培。

さいたま市
ブルーベリープラザウラワ:7月中旬〜8月下旬、入園料500円、持ち帰り150円/100g
緑区大崎526番地付近(大崎クリーンセンター西側)大崎公園の近く

白子果樹園:7月中旬〜8月下旬、入園料大人500円、持ち帰り150円/100g。
 8月中旬頃から梨狩りもあります

見川果樹園:7月中旬〜8月中旬、入園料大人500円、持ち帰り150円/100g

越谷市(こしがやし)
越谷ストロベリー:7月中旬から。3歳以上800円、30分食べ放題。

宮代町(みやしろまち)
新しい村:7月下旬から9月上旬、1時間食べ放題高校生以上1000円。

鶴ヶ島市(つるがしまし)
青い星印果樹園(あおいほしじるし)
 ハイブッシュ系は6月中旬から、ラビットアイ系は9月初旬まで。入園料中学生以上500円(園内試食自由)。20種類以上600本栽培。「ベリー畑カフェ」を併設
(テレビ朝日人生の楽園2012年8月11日に放送)

加須市(かぞし)
むさしの村:ブルーベリー狩りは7月中旬〜9月初旬、30分食べ放題。遊園地に併設された農園。

鴻巣市(こうのすし)
BlueberryFarmかわさと:ブルーベリー摘みは、ハイブッシュ系が6月中旬〜7月下旬、食べ放題、大人800円。ラビットアイ系が7月中旬〜9月初旬、食べ放題、大人800円。

熊谷市(くまがやし)
(江南地区)
志村農園:7月中旬〜8月末、入園料200円、1kg=1,200円前後

羽生市(はにゅうし)
ブルーベリーの森:7月中旬〜8月下旬、入園料500円で摘みながら食べられます。テイクアウトは、北部ハイブッシュ系が7月上旬〜下旬 150円/100g、ラビットアイ系が8月上旬〜下旬120円/100g。ブルーベリー以外に、「バラとハーブの森」も運営しています。

滑川町(なめがわまち)
なめがわ森林ファーム ブルーベリーの里:5月下旬から9月上旬、食べ放題コースは、大人1,000円。約1000本栽培、農薬不使用。
Hilltop-farm(ヒルトップファーム):6月上旬〜9月下旬

毛呂山町(もろやままち)
ミルティーユ毛呂山:7月下旬〜8月中旬

日高市(ひだかし)
ベリーズファーム(松浦 農園):7月上旬〜9月上旬、入場料小学生以上300円で圃場内での試食は自由。持ち帰り料金100gあたり200円。50種1200本栽培
秋葉果樹園:ハイブッシュ系6月下旬〜7月中旬、ラビットアイ系7月中旬〜8月中旬。40分食べ放題、大人1000円
日高果樹園:ブルーベリー摘み取りは、6月中旬〜7月中旬、30分間食べ放題、中学生以上1000円

秩父市(ちちぶし)
みどりの森ブルーベリー組合」は、秩父市下吉田地区の8軒の農園で、3.2ヘクタールで52品種約4200本(2012年)栽培しています。ブルーベリー畑は点在しているので、ブルーベリーのマスコットキャラクターの「秩父エコベリー」ののぼり旗を掲げて目印にしているそうです。

統一料金
6月中旬〜7月末、30分食べ放題、大人1200円
8月〜、30分食べ放題、大人1000円

・よっちゃんFarm
・わたや農園
・みのちゃんファーム
・ふなちゃんファーム
・ビッグファーム
高野ブルーベリーファーム:300本栽培
・ブルーベリーゆかり園
ブルーベリーガーデン鶴巻

ブルーベリー農園 楽園:ブルーベリー狩りは、7月中旬〜8月中旬、入園料200円、摘み取り1500円/kg。ラビットアイ系を中心に栽培
将門園:7月〜8月

関連リンク 埼玉県のイチゴ狩り

ブルーベリー農園の背景

美里町
 かつては養蚕の盛んな地域でしたが、養蚕が衰退したことで、桑園が利用されなくなり放置される状況になりました。放置された桑園では、桑が大木になってしまい他の作物に転換することが困難な状況になってしまいました。そこで、遊休農地解消のために、平成11年からの5年計画で「観光果樹園100町歩構想」を掲げ、桑等を抜根整地し、苗木(うめ、あんず、プルーン、ブルーベリー)の植栽し、特産品作りと観光化を図りました。抜根整地、苗木代、植栽、土壌改良まで町の負担。
埼玉県の地図