日本でも1990年代から流行が始まったパナマ共和国のクナ族(KUNA)が起源となるモラ手芸(MOLA)についての総合情報です。 モラ教室の特徴、モラ購入の注意点、各地のモラ展示会情報などを紹介しています。

川口康子モラ教室作品展
会期 2015年11月20日(金)〜11月25日(水)
時間 10:00〜17:00(最終日15:00まで)
会場 しずぎんギャラリー四季(アゴラ静岡7F)
詳細はこちらです

2014年10月出版
おしゃべりなモラ 中山富美子の世界
中山富美子著、80ページ、大型本
モダンなモラ作品写真集。モラ手芸が民族衣装のクナ族の現地写真や、オールドモラも複数掲載。巻末には本誌掲載のクッション制作の図案を掲載


2012年11月出版
中山富美子のモラでつづる源氏物語
中山富美子著、32ページ
コメント:六年の歳月をかけて、モラで源氏物語の54帖のシーンを表現したもの。源氏物語の各帖のあらすじも記載されています。


2012年5月出版
M Is for Mola Art A Kuna Indian Alphabet of Quilted Folk Art
英語、32ページ
コメント:著者が説明したページがあるのだが、内容についてはよく分からない。芸術的な観点からの子どもに向けた写真集のようなものだろうか?

2011年7月出版
The Mola: Traditional Kuna Textile Art
英語、251ページ

 890以上の図(数百のモラ、地図、歴史的写真、図面など)。モラのデザインの進化についての考察、モラ収集のヒント、モラの保存について、モラに込められたクナ族女性の物語やシンボルの意味など。
目次より
第1章 Panama and the Kuna
第2章 The Kuna People
第3章 Introduction to Molas and Molitas
第4章 Design Sources and Cultural Influences
第5章 Variations of Mola Design Themes
第6章 Mola Aesthetics
第7章 Fabrication Techniques
第8章 Collecting Molas

パナマのモラです

皆さんのモラ作品です

・モラ好き掲示板  →投稿する・次を読む