「私の決意」
 
 武蔵野に生まれ育って42年、私は家族と共に暮らし、この街を歩き、四季の変化を肌で感じてきました。
サラリーマン時代、一級建築士として、住宅の設計と現場監督に全力を尽くしました。人生の一大事である"家"づくりにかかわって、人々の寄せる期待の大きさと、"物"を創ることの大切さ、完成の喜び、そして責任感を学びました。
平成7年の阪神大震災では、いたたまれない気持ちで現地にかけつけ、救護活動を手伝いました。なまなましい現場に立会い、命の尊さ、街の危機管理、助け合いの精神等々、かけがいのないものを学びました。
これが私の政治の原点です。
21世紀、大きな時代の曲がり角で、日本の政治が停滞、混迷しています。市民1人1人が自らアクションを起こす時がまいりました。
私は都政改革に挑戦します。
今こそ、安心できる東京を創りましょう。