僕の私の読書感想文


誰でも小学生までは書かされる”読書感想文”、これを大人になって書いてみたのが「僕の私の読書感想文」です。取り上げる本は、新刊・旧刊問わず、時期を見て選びたいと思います。最低一ヶ月に一回は掲載する予定です。

食欲の秋、読書の秋・・・なんと2年ぶりに更新です。。。「最低一ヶ月に一回は掲載する予定です」、なんかこの記述がとても悲しい・・・でも1ヶ月に最低1冊は読んでいるので、そこまでは義務を果たしていました、うーん (October 24, 2003)

もう半年に1回の更新になっている。。。ほとんどサイト閉鎖状態 (May 10, 2004)

地名エッセイに引き続き再開? (February 20, 2005)

最近は、愛媛・松山エッセイになっている気が・・・まいっか \(^▽^)/ (Semptember 23, 2005)
(↑女王 眞鍋かをりをリスペクトして、人生初の絵文字に挑戦。でも使い方が微妙に間違っている気がする。。。)

今年は、たくさん読書感想文を書けた良い年?でした(自分で拍手)。ここ最近は出版不況と言われますが、今年はいろいろ面白い出版が多かった気がします。仕事も生活も気にせずに、気ままな読書を楽しむ生活、理想です。。。読みたい本が山積みになっている、どうしよう・・・
 今年一年、ありがとうございました。来年も良い読書生活でありますように。(December 25, 2005)

昨日は、ワールドカップ・クロアチア戦を見ていて、サイト更新するのを忘れてしまった。。。ナイスセーブ、川口! 昨日の川口は、神がかり的だった、うーん。しかし何だったんだ、あのイレギュラーバウンド?(June 19, 2006)

以下の感想文は、PDFファイルで保存されています。PDFファイルを読むためには、Adobe Acrobat Readerをインストールする必要があります。

(2016年のごあいさつ)
 さて今年ももう終わりです。あともう1回ぐらい更新したかったですね・・・ただいまの自分を考えると、無理です、あり得ないです(苦笑)出版不況とか言いますが、みんな読む時間がないんじゃないかと思います。ブラック企業のみならず、ブラック社会?いまのニッポン
 「〇〇〇落ちた日本死ね」、今年の流行語でしたっけ。もちろん〇〇〇も大事ですが、なんか死なないといけないこといっぱいある気がします、いまの日本。。。個人的にはお日様を見ることが限りなく少なかった1年でした・・・
 いまのニッポンにドロップキック、バックブリーカーでも良いですが、それをかけてホールドしたい気分です(笑)ただ現実逃避なのか、本はものすごく読みました。隙間時間をぜーんぶ本の時間に充てています。紹介できたらなとも思いますが、寸評みたいのは好きでないので、やはり読書感想文で行きたいと思うのです。
 来年も定期更新はできません。ただ読んで頂ける限り、続けて行こうと思っています。今年1年、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。 (December 29, 2016)

(2015年のごあいさつ)
 今年も気が付いたら、もうあと10日・・・なんにもやっていません。。。この読書感想文、2回飛ばしてしまっているんですね。ひどい年だったとしか言いようがありません(涙・・・)
 ただ振り返ってみると、けっこういろいろな本を読んだ気がします。で、一番はまった、凝ったのは?というと、イタリア・トスカーナ地方、そこの豊かな食卓ですね。新鮮な野菜とご当地のチーズ、ピッザ、そしてワインです。えっ?行ったことあるのかって?、まったくありません。想像(読書?)上のことだけです(苦笑)
 「人は疲れるとイタリア田舎生活に憧れる」、これどっかで聞いた教訓なのですが、そういうことなのかもしれません。ただ実践、ちょっとまねごとしないと気が済まないたちです。それでちょっとだけ野菜生活を取り入れようと思いました。で、手始めに、ちょっとモノを買ってしまいました(またか・・・)。それは冷蔵庫です。
 別にイタリア製のとか、野菜専用のを買ったのではありません。ふつーの家電のです。これどうしてかというと、いままで使っていた冷蔵庫、お酒しか入れないので小さく、また20年近く使っていたので、何にもできないのです。テレビでCMを見ていて、「いまの冷蔵庫って野菜庫があるんだ」と思って、この間、買いに行ったのです。
 そこで驚いたことが。冷蔵庫の値段というのも、何が高く、何で安いのか、さっぱり見当が付かなかったのですが、それよりもお店の人に言われた一言が。それは「家に入りますか?」ということです。
 えっ何のこと?と思ったら、最近の家電、玄関や中扉のサイズで搬入できないことが多いらしく、それで断念することが多いというのです。別に日本家屋が小さくなったわけではありません。家電がメタボっているのです。ええ〜と思って、冷や冷やしながら当日、搬入を待ちました。そしたら奇跡的に中扉のサイズにピタリで、ぎりぎり入りました。なんとまあめったに買わないものは、いろいろ驚かされることがあるものだと、年末に思ったことでした。
 ちょっとした生活アドバイスです。冷蔵庫や洗濯機などの少し大物の家電、下見に行くのも良いですが、その前に家の玄関、中扉サイズを測っていった方が良いですよ。気に入ったものでも、入らないと意味がないので。
 現在、冷蔵庫の中は10分の1も入っていません(笑)野菜も買おうとしても、ネームを見るだけでは、何のこっちゃ?です。もし年明け、野菜本、料理本の話が増えたら、この冷蔵庫のせいだと思ってください。ただ当面の課題は、帰宅する時間にスーパーがやっていないということですね・・・コンビニにもないわけではないですが、あまり種類もないですし・・・直すのは、ここからかもしれません。
 来年、定期で更新できるかわかりません。でもなんとか続けていきたい、続けていきたいと思っています。今年1年、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。 (December 18, 2015)

(2014年のごあいさつ)
 今年、最後の更新、なんとかがんばったのですが、現在の段階で仕事が終わっていません(涙・・・)感想文も充実させたいのですが、仕事をこなさないと充実どころでなくなってしまうので、今年は11月分で終了したいと思います。異常な不規則更新にも関わらず、読んで頂き、ほんとありがとうございます。
 ここで書いている感想文の本以外に、いろいろ好き勝手に読んでいるのですが、今年は「釣り」の本をよく読みました(が、感想文にはまったく出ていないじゃないか(苦笑))夏ごろ、なんとなく子どもの頃にやっていた釣りを再開したのですが、それがきっかけで本にも入りました。もちろん日本の釣りの本も読むのですが、今年後半に凝ったのがフライ・フィッシングです。初めて聞く釣りと思う人も多いかもしれませんが、イギリス発祥の釣りです。英国貴族やエスタブリッシュの人がやるスポーツ的な釣りなのですが、実は小学校6年の時、これにはまりました。が、実際に釣りをするのではなく、空想上のことだけだったのですが(笑)
 イギリスには田園というか、そこで行うスポーツであるフライ・フィッシングを描く文学分野があります。アメリカにもちょっとあります。数年前からバード・ウオッチング(もしくはバーディング)を始めたのですが、これもイギリスでは盛んです。個人的にはどんどんイギリス貴族的になっています(気分だけですが(笑))
 年明け、相当にヤバそうなことは、すでに予定済みです・・・こんな状況になるとは、子どもの頃、予想だにしませんでした。ただせめてこのこだわりの読書感想文は、異常なる不定期でも更新していきたいと思います。あてにならない更新ですが、もしよろしければ来年もよろしくお願いいたします。
 今年1年、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。 (December 31, 2014)


表紙