財政学特殊講義T
地方自治体の経済学
(2002年度前期:昼夜)


連絡事項


基本情報


シラバス(January 3, 2002)

【講義内容】日本の地方自治体は、(1)住民福祉向上のために、(2)住民に課税して税収を求め、(3)公共サービスを提供する主体と定義されています。この授業の目的は、地方自治体を経済学的に解釈して、その仕組みとあり方を理解することにあります。講義の前半部分では、地方自治体の財政基盤である土地税収の特徴について説明します。後半部分では、地方自治体が提供すべきサービス(公共財)とその制度について説明します。講義では、授業参加者が日常生活を送るなかで見聞する地方自治体の仕事や、最近の話題を理解できるようになることを目標としています。

【使用するテキスト・読書リスト】講義は、原則的にレクチャー・ノートにもとづいて行われます(以下の講義予定を参照)。各レクチャー・ノートには、参考文献が掲載されていますので、疑問を感じた点や興味を持った点は各文献にあたってみてください。基本的な文献をあげると、以下のとおりです。

参考文献1は、都市や地域に関する経済学分析の入門書で、地方自治以外にも興味深い問題を解説しています。参考文献2は、なぜ土地や住宅問題を経済学で分析することが重要なのかを、平易な文章で述べられたものです。参考文献3は、地方自治体が都市で行うべきサービスのあり方を、近年の研究成果を利用して説明したものです。参考文献4は、高度な都市経済学に関するテキストです。中級レベルのミクロ経済学の知識を必要としますが、取り組みがいのある文献です。参考文献5は、日本の地方自治の仕組みをわかりやすく説明したものです。

【他の授業科目との関連】指定はありませんが、政府財政をテーマとする『財政学』、地方財政制度を明らかにする『地方財政論』、経済学分析の基礎となる『ミクロ経済学』の理解があると、より興味を持つことができます。

【単位要件】成績評価は、中間と期末のテストと出席状況にて行ないます。

【その他】この授業では、授業参加者に地方自治に関心を持ってもらうため、授業は質問や議論を中心に行いたいと考えています。このため授業内容は、すべて上記のウエブにレクチャー・ノートとして掲載しています。授業参加者は、事前にレクチャー・ノートを読み、いくつかの疑問点等を考えてみてください。前期の授業期間中は、このURLで授業情報を掲載します。


講義予定(逐次更新します)

毎回の講義は、以下のレクチャー・ノートを読んできていることを前提とします。講義ではノートを復誦することはせず、問題演習や問題解説が中心となります。内容についての質問は、授業中に行なうことを原則としますので、何の準備もせずに出席するだけではついてゆけないでしょう。なお以下の日程には、予備日を入れて余裕を持たせていますので、実際の進度に応じて変更する可能性があります。

以下のレクチャー・ノートは、PDFファイルで保存されています(PDFファイルとは、ページ設定のあるノート形式の文書で閲覧できるファイル形式です)。PDFファイルを読むためには、Adobe Acrobat Reader(free)をダウンロード・インストールする必要があります。ファイルのサイズが大きいので、CD-ROM付きパソコン雑誌の付録に入っていることがあるので、それを購入してインストールする方がいいかも知れません。なお琉球大学のアカウントを持つ学生は、総合情報処理センターもしくは経済学実験室(530号室)のPCで見ることができます。

  1. 月(夜)・(昼)日:イントロダクション
  2. 月(夜)・(昼)日:
  3. 月(夜)・月(昼)日:
  4. 月(昼)・(夜)日:
  5. 月(昼)・(夜)日:
  6. 月(夜)・(昼)日:
  7. 月(昼)・(夜)日(予備日)
  8. 月(昼)・(夜)日:
  9. 月(昼)・(夜)日:
  10. 月(昼)・(夜)日:
  11. 月(昼)・(夜)日:
  12. 月(昼)・(夜)日:
  13. 月(昼)・(夜)日:
  14. 月(昼)・(夜)日(予備日)

表紙