沖縄経済論
沖縄の社会福祉・社会保障
(2003年度冬季・集中講義:昼)


連絡事項


基本情報


シラバス(November 17, 2003)

【講義内容】沖縄では様々な家族問題や福祉問題の存在が指摘されています。本講義では、特に出生や乳幼児健康、長寿や結婚と離婚といった家族の問題に焦点をあてて、沖縄の家族が抱える問題点を考えることを目的とします(沖縄の社会福祉)。また家族の生活は、ある種の経済的・身体的基盤を下に成立しています。本講義では、その基盤を支えることを目的とする制度である年金・医療・介護保険を中心として、セイフティネットとしての社会保障が沖縄でどのように機能しているかを検討することとします(沖縄の社会保障)。

【使用するテキスト・読書リスト】講義では、以下のテキストを利用します。

【他の授業科目との関連】日本の社会保障に関心ある場合には、本教官(澤野孝一朗)の以下の授業ページを参照してください(なお社会福祉は取扱っていません)。

【単位要件】成績評価の方法は、集中講義の第1日目ガイダンスにおいて説明されます。

【その他】本講義の受講者で、質問や疑問点がある場合、私までメールを頂きたいと思います。私の答えられる範囲で、回答させて頂きたいと思います。なお寄せられた質問や要望は、このホームページで取りまとめて掲載することとします。

【講義資料】以下には、本講義に関連するホームページをリンクします。


表紙