仕事でくる名古屋をもっとおもしろく

JR東海とそのなかまたち


 最近、仕事に追われ、このホームページの更新が滞るようになりました(涙・・・) そういう時は、十八番の鉄道で行くしかありません。なんとなくですが、鉄(テツ)の人がよく見てくれているような気もするので、そのサービスも兼ねて。2012年8月、名古屋ならではのJR東海(とそのなかまたち、名鉄も地下鉄もね)のファンサイトを勝手に立ち上げることにしました。

 日々、乗車しているとJR東海とそのなかまたちには、おもしろいニュースやサービスがいっぱいあることに気がつきます。そして名古屋に住んで8年、ほぼJR東海エリアは巡り切りつつあります(笑) そんな名古屋での鉄な日常をお届けできればと思っています。

 ただ働く中年、時間がありません。ブログにしようかと思ったけど、ブログの作り方、始め方がわかりません・・・ でも写真を使ってみたいなとも思うので、携帯で撮った写真を使った新機軸の写真エッセイ(鉄道エッセイ?)を目指します。ただブログみたいに、とっても短いエッセイですが。

 写真エッセイはPDFファイル形式で保存されています。仕事でくる名古屋、新幹線ものすごく早くて日帰り圏内ですが、ぜひ一泊して名古屋、そして東海を楽しんで頂ければと思います。

 勝手なファンサイトですが、やはり師匠のJR東海(東海旅客鉄道株式会社)さんのサイトはリンクしないと、ですね

 仕事でくる名古屋をもっとおもしろく


2017年

No.201からNo.250まで


2016年

 今年も1年が終わる時期になりました。個人的には散々な年で・・・今年、ほとんど流行語大賞だと思う、例の会社じゃないですが、もうちょっと自分的に制限をかけないと危ないなと思う、そんな1年でした。。。
 いまちょっと振り返ってみると、鉄道のことも多いですが、だんだん「乗り物一切合財、始めます!」みたいなサイトになっていますね、JR東海とそのなかまたち(なかまを広げすぎ?)。来年からの新機軸というのは特にないですが、少しづつ新しい要素や、昔のことの新しい考察を取り入れていきたいと思っています。
 今年1年間、ありがとうございました。また2017年もよろしくお願いいたします。 (December 29, 2016)

No.151からNo.200まで


2015年

 今年は何回か更新が滞り、本当に申し訳ありませんでした。理由はさまざまあるのですが、もう終わったことなので忘れました。。。さてまとめです。今年は何を中心に書いたかなと思ったのですが、うーん・・・あんまり傾向がないですね(苦笑)しいて言えば、宮内省御料局、帝室林野局かもしれません。
 来年ですが、過去の写真(自分が中学生頃、年代的には昭和50年代です)がデジタルで使えるようになったので、それを少し織り込んでいこうと思います。「昭和の鉄道ブーム、ちびっこ達」の姿が見れると思います。
 今年1年間、ありがとうございました。また2016年もよろしくお願いいたします。 (December 28, 2015)

No.101からNo.150まで


2014年

 今年もとうとう終わりになりました。見直してみると、昨年はご挨拶を書いていないですね・・・なんか大変だった記憶もありますが、大変だったことはすぐに忘れてしまう性質で。。。(まあいいのかもしれない、そうゆうことは)一方、古い鉄道のことはぜんぜん忘れません。あんまり実生活には役に立ったことはないのですが、このサイトには役に立っているかな(笑)
 これからも新旧取り混ぜて、JR東海さん(とそのなかまたち)を紹介していきたいと思います。今年1年間、ありがとうございました。また来る年、2015年もよろしくお願いいたします。 (December 31, 2014)

No.51からNo.100まで


2013年

 No.1からNo.50まで


2012年

 今年から始めた「JR東海とそのなかまたち」ですが、ここだけは無事、定期的に更新ができました。そして皆様のご愛顧に感謝いたします。個人的に思ったことですが、自分ではふつーに思っていることが意外に知られていないのですね。。。
 来年からもより東海エリアを充実させてゆきたいと思います(笑) 今年1年間、ありがとうございました。また来る年、2013年もよろしくお願いいたします。 (December 26, 2012)


表紙