【お知らせ】本サイト「鉄道紀行への誘い」から書籍『週末鉄道紀行』が生まれました   

旅日記のコーナーです。

片道8400円!? 「のぞみ」で東京−京都 日帰りの旅
2003/12/12更新 (第23回)

おまけ:
「京阪特急の話」もあります!

 近頃、大変寒くなってきました。久しぶりの更新です。
 また東京−大阪間の移動ネタですが、案外、好評を頂いておりますので、調子に乗って書いてみます。

 今月、東京と京都・大阪を日帰りで往復する機会がありました。日帰りですので、さすがに「ぷらっとこだま」だと、滞在できる時間が少なくなるので諦めました。
 とはいえ、「のぞみ」での普通運賃や回数券での往復も、料金を考えると、多少、辛いものがあります。今年10月の白紙ダイヤ改正後は、新たに「ひかり早得きっぷ」というものも出たのですが、「ひかり」の本数が少ない上、それほど格安という料金でもありません。

JR東海ツアーズ「1day京都」のチラシ

 そしてたどり着いたのが、JR東海ツアーズが発売している旅行商品「日帰り1day京都」というプランです。

 これは日帰りの観光旅行客用商品で、往路は朝6時の「のぞみ」に乗るという制約がありますが、往復で1万9800円と非常に格安です。しかも食事やお土産に使える3000円相当分のクーポン券まで付いてきます。

 ◎このプランの利点は…
 1:往復19,800円と格安。
 2:3,000円相当分のクーポン付。
 3:往復とも「のぞみ」の指定席が利用でき、復路はどの列車も利用可能。(※以前は自由席も利用可能でしたが、不可になりました)
 4:「ぷらっと」とは違い東京都区内〜京都市内の乗車券なので近郊区間からの出発・到着も別運賃が不要。
往路のチケット
 ▲往路は指定列車に乗り遅れると、
 後続の自由席等も一切利用不可

 ×注意すべき点は…
 1:往路は早朝6:00時台発の「のぞみ」1、201、41号など以外は一切利用できない。(さらに休日明け日の利用には制限もある)
 2:金曜日など利用できない日もある。
 3:旅行商品なので、旅行当日の販売はない。また、販売枚数と発売箇所に制限がある。(観光シーズンは売り切れる場合も)
※最新情報はこちらでお確かめください。

 以上のような問題点もありますが、「のぞみ」で東京−京都間を往復するには最安値ですし、片道にすると「ぷらっと」よりも安い1万円以下、3000円分のクーポンがあるので、実質的には片道わずか8400円!ということになります。

 と、いうことでこの「日帰り1day京都」プランを電話でJR東海ツアーズで申し込み(FAXでやWeb上からも可能)、日帰りで京都・大阪に出掛けてきました。
JR西日本500系車両
 ▲JR西日本の500系車両は日本最速

 往路では3本から選べますが、うち1本は臨時列車ですので、実質的には選択の余地もなく、東京6:00発、朝一番の「のぞみ1号」を指定しました。
 この列車は、JR西日本の日本最速車両である500系が使われる数少ない「のぞみ」号です。
 東海道新幹線区間は他の車両と同じ速度なのですが、ジェット機のような雰囲気のフォルムは、日頃よく
JR東海の700系
 ▲こちらはおなじみ700系車両
見るJR東海の700系車両より格好が良いと思え、新鮮味もあります。また、車内チャイムの「いい日旅立ち」も旅情をかき立てられたりします。(なおJR東海の車両は同社CMでお馴染みの「AMBITIOUS JAPAN!」チャイムです)
500系車両の車内

 眠い目をこすりながら、列車に乗り込み、わずか2時間15分、あっという間に京都に到着です。この「1day京都」プランは、そもそも観光客用のプランということもあり、3000円相当分のクーポン券では、指定されたホテルや料理屋での食事を楽しむことができます。
 このほか、新幹線京都駅構内のキオスクや土産物店で金券として買物も可能です。出張や急ぎの時に使っても、クーポン券を無駄にすることがないのが有り難いところです。

1day京都プランのクーポン券
 ▲3000円相当の買物にも使える
 「1day京都」のセレクトクーポン券
 京都に着くのが8時15分ですから、最終の「のぞみ」まで約9時間、観光でも仕事でもそれなりの活動はできます。私も早速、構内の売店で3000円分の土産を買い、大阪へ…。

 丸1日かけ、大阪と京都での用事を終えたのですが、復路に指定していた「のぞみ」よりかなり早く京都駅に着いてしまいました。
 かといって、このプランでは指定席の変更は一切できません。仕方なく、3両しかない「のぞみ」の自由席に乗り込んだのですが、新大阪発ということもあり、指定席より空いているような状態で、非常に快適に東京へと帰れました。(※その後、このプランでの自由席利用ができなくなりました)

 「1day京都」プランは、日帰りのみという制約もありますが、安さを考えるとなかなか利用価値の高い旅行プランのように感じました。出張の時などにも密かに使えるかもしれません。ただ、早起きは少し辛いですが…。

 ※なお、大阪・京都からは「1day東京・横浜」プランもありますが、利用日や列車など、多少、条件が厳しくなっているようです。

 ※上記情報は変更になる場合がありますので必ずこちらで事前にお調べください。

■おまけ
京阪電鉄特急の話を少し…

京阪のK特急(枚方市で)
 ▲京阪の特急型車両

 今回、京都・大阪へ行った折、その移動には京阪電鉄を利用しました。
 京阪電車は、京都の出町柳/三条/四条と大阪の京橋/天満橋/淀屋橋間、約50キロを結ぶ私鉄です。
 私は生まれて20数年間、京阪電車を見ながら育ち、いわば鉄道好きの原点がある鉄道なのですが、久しぶりに乗って驚いたのが、特急停車駅の大改革です。
京阪特急の2階建て車両 
 ▲2階建て車両も連結

 
京阪の特急は、京都−大阪間をノンストップで結び、2人掛けロマンスシートを備え、テレビカーや2階建車両を連結し、かつ特別料金は一切なし!というのが、我らが京阪利用者の誇りでもありました。
 ところが、今年9月のダイヤ大改正では、昼間の急行を廃止して、特急を10分に1本と大増発し、その代わりに停車駅を増やし、一般のロングシート車両も使うことにしたのです。

枚方市に停車中の特急
 ▲終日、枚方市に特急が…
 思い入れが深い鉄道会社なので、長く書くといくらでも長くなるのでやめますが、特急の大増発と停車駅の拡大は、随分、思い切った改革をしたものだと思いました。なにせ枚方(ひらかた)市や樟葉(くずは)に特急が止まるなんて…(この辺の感覚は分かる人にしか分かりませんが…)

 かって特急は、私の中では「特別な存在」であり、特急に乗るには、うやうやしく?大阪の京橋や淀屋橋まで出掛けて、折り返して京都まで乗ったりもしていたのが、今やそこかしこで各駅停車の「準急」と「特急」の連絡が行われているのです。
京阪の一般車両
 ▲一般的な京阪の車両

 そして、特急といえば上記写真のような赤と黄色の電車だったのが、今では一般の緑色の車両(ロングシート)でも走っています。さらに一般特急のほかに停車駅の少ない「K特急」なる名称も…

 ともかく、久しぶりに乗ってみたら、何やら゛浦島太郎゛のような心境でありました。

特急の先頭車両からの眺め
 ▲先頭車両からの展望は良好です
 私の生まれ育った所は大阪寄りの中間駅、萱島というところにあり、今回、特急の停車駅が増えたことで、京都からの往復には、短時間ですが特急の旅も満喫させていただきました。ノンストップの頃には考えられなかったことです。
 先頭車両の最前列「展望席」や2階建て車両など、短時間なのに無理やり乗ったのですが、やはり無料にしておくのが勿体無い程の素晴らしいレベルでした。(昔は当然と思っていたのですが、今ではこんなことを言うほど、関東の「クロスシート=有料特急」の感覚に慣らされてしまったのかもしれません…)

京阪9000系
 ▲一部にはセミクロス(クロスシート&
 ロングシート混在)の車両も使用。
 ブルーのラインが目印。
 ちなみに、日中1時間に6本ある特急のうち、一般車(ロングシートかセミクロスシート)の割合は2本程度という所でしょうか。また、逆に特急以外の急行や準急、普通などにも特急用車両が使われるケースも以前より多くなっています。(稀ですが)

 ぜひ、京都〜大阪の移動には京阪特急を使ってみてください。京都駅からだと奈良線でわずか2分、東福寺駅で乗り換えができますし、ここは特急は止まりませんが、途中駅で特急への接続も多くて便利になっています。

 「おまけ」なのに、少々長くなり、しかも多少、マニアックな独り言になってしまいました…。失礼しました。


※さらにおせっかいな情報を…
特急用車両
を使う(と思われる)急行・準急・区急・普通

▼平日上り(淀屋橋→出町柳方面)

淀屋橋6:51発
急行出町柳行/淀屋橋発7:35発準急樟葉行

▼平日下り(出町柳→淀屋橋方面)
枚方市6:14発
区急淀屋橋行/出町柳発6:20発急行淀屋橋行
萱島6:46発
区急淀屋橋行/萱島7:12発区急淀屋橋行
出町柳8:07発
急行淀屋橋行/萱島9:16発区急淀屋橋行
萱島9:54発
普通淀屋橋行/出町柳23:15発急行寝屋川市行

▼土・休日上り(淀屋橋→出町柳方面)
淀屋橋7:15発
普通枚方市行/淀屋橋21:31発準急樟葉行
淀屋橋21:51発
準急樟葉行/淀屋橋23:35発普通萱島行
淀屋橋23:57発
普通萱島行

▼土・休日下り(出町柳→淀屋橋方面)
萱島6:35発
普通淀屋橋行/萱島6:52発
普通淀屋橋行
樟葉7:33発
準急淀屋橋行/樟葉7:53発
準急淀屋橋行
樟葉8:13発
準急淀屋橋行/萱島8:49発区急淀屋橋行
萱島9:09発
区急淀屋橋行/出町柳20:26発急行淀屋橋行
出町柳20:46発
急行淀屋橋行/出町柳23:15発急行寝屋川市行
出町柳23:40発
急行淀行/出町柳23:58発急行淀行

※あくまでも「京阪時刻表」(2003年9月6日ダイヤ改正時)を元にした情報です。変更される可能性もあります。詳しい時刻等はこちらから。



▼関連内容
2003/8/8「さよなら東海道新幹線100系車両、個室グリーン車」
2002/12/25「片道1万円『ぷらっと』行く東海道新幹線こだま号の旅」

▼前回10/5 日帰りでふらり山の温泉郷へ〜水上・日光へ行く を見る▼


当ページへのご意見・ご感想など
こちらからお気軽にお寄せください
旅日記のトップに戻る
▲「旅日記、徒然(つれづれ)に。」のトップに戻る▲
鉄道紀行への誘い ホームへ戻る
▲「鉄道紀行への誘い」ホームへ戻る▲