北海道 終着駅の旅 新千歳空港
〜この冬、列車の旅をしてみませんか〜

千歳線・新千歳空港駅

新千歳空港駅
1日いても退屈しないちょっと意外な終着駅


 意外なようだが、北海道の空の玄関口・新千歳空港も終着駅だ。1992年7月、新空港ターミナルビル完成により、それまでの千歳空港駅(現・南千歳)から3.4キロ延長し、新空港連絡駅として開業した。

 ターミナルビル地下1階に位置する同駅は飛行機との乗り換えがスムーズ。日本有数の便利さを誇る空港連絡駅となっている。

 年間乗降客が1500万人の新千歳空港は、国内36ヶ所、海外5ヶ所へ向け、1日136便もの飛行機が飛んでいる。まさに北海道の空の玄関口、北の拠点空港といえる。

 空港内にはレストランやショッピング街のほか、ミニ水族館やギャラリーもある。郵便局や銀行、理容室まであり、まるで1つの街を形成しているかのようだ。
 おそらく1日中、ここで過ごしても飽きることはない。展望デッキから飛行機を眺めるのもまた楽しい。

(1998年1月掲載)
写真:新千歳空港駅ホームで新千歳空港駅MAP
次のページへ又はTOPへ