小笠原航海記〜南の島の航路・路線バス紀行
page 7  【あとがきに代えて】小笠原旅行術〜世界遺産の島旅案内
母島にて
・・・母島・沖港付近にて


 本編「小笠原航海記〜南の島の航路・路線バス紀行」は2011(平成23)年4月末から始まった大型連休に訪れた時の旅を描いています。

 このサイト「鉄道紀行への誘い」が鉄道や路線バス、定期航路の旅を主題としているため、「父島の路線バス」と「南島」「母島」訪問の3つに絞った内容としていますが、語り尽くせなかった部分を、旅案内的に5つのテーマで追記してみました。

 なお、「世界鉄道紀行への誘い」という国外のカテゴリに入れているのは、小笠原が特殊な地理的位置と歴史を持つために、日本の風土とは明らかに異なる無国籍めいた地に思えるからです。パスポートも外国語もいらない"海外"だと私は感じています。

 このコーナーが、日本最遠の島、世界遺産・小笠原を旅する人に少しでも役立てることを願っています。

(2011年6月、西村健太郎)


第1章:私家版「おがさわら丸」完全乗船術 >>本文

第2章:小笠原の宿泊・買物・飲食事情を知る >>本文

第3章:《滞在ガイド》小笠原で何を楽しむか >>本文

第4章:5分で理解する小笠原の文化と歴史 >>本文

第5章:未来の小笠原は空港で変わるか? >>本文


前のページに戻る
前のページへ
小笠原航海記のトップへ
小笠原航海記のトップへ
次のページへ進む
次のページへ

p06:母島の自然と歴史を旅する ←【あとがきに代えて】小笠原旅行術→ 01:私家版「おがさわら丸」完全乗船術
ホームに戻る 世界編のトップへ戻る