韓国旅遊日誌
2005/05/06 釜山・博多
西面駅
 ▲西面駅の地下鉄入口

■西面(ソミョン)散歩とトンボ書籍


 韓国滞在の最終日。今日はもう鉄道に乗らない。14時発の博多行ビートルを待つだけである。鉄道に乗らない旅など、これほど退屈なものかと思うが、時間はつぶさねばならない。

 鉄道に乗れないなら、本屋に行って本でも買って帰ろうかと思う。
 釜山の新興繁華街である西面(ソミョン)へは釜山駅から地下鉄1号線で6駅10分で行ける。

 西面駅2番出口を出て2分ほどで「トンボ書籍」という大規模書店を発見。釜山の有名書店らしく3階のフロアまであって、見ごたえは充分。「教保書店」とは違い、ローマ字併記がないので探しづらいのが難点だろうか。
日本直輸入のファッション雑誌(トンボ書籍)
 ▲1階の目立つ場所に日本直輸入の
 女性向ファッション雑誌が並んでいた
1階入口の目立つ場所に日本語の女性向けファッション雑誌が大量並んでおり、一瞬、ドキリとする。ここ若者の街だから、それなりの需要があるのだろう。

 とりあえず全フロアを捜索したが、やはり鉄道関連の本はまったく見当たらない。
 ないならないでよいが、ソウルの時と同じように、車や飛行機関係の雑誌を豊富に置いてあるのが余計に腹立たしくも感じる。日本なら、この辺りに「鉄道ジャーナル」や「鉄道ファン」といった雑誌が並んでいるから、ついつい期待をしてしまうのである。
 とはいえ、そんな期待を持って本を探しているのは、この広い書店内で私だけに違いないのであるが。


※参考リンク>>トンボ書籍(「釜山ナビ」より)

■「教保文庫(キョボ・ムンゴ)」釜山店
教保文庫釜山店
 ▲教保文庫釜山店は西面から徒歩10分

 西面の繁華街が途切れた辺りに「教保文庫」の釜山店があった。ここも教保生命ビルの地下に入っており、1フロアしかないが、本の数は多く、どこか落ち着いた雰囲気が漂っている。

 さて、幾つかの本屋を巡って思ったのだが、韓国の本屋はどこか埃っぽい。つまり保存状態があまりよろしくないのである。その証拠に、店員は必ず手袋をはめて本を扱っている。

 そして、本を買うと、本の「地」に購入証明の印を押していたのは驚いた。日本ではやたらと本を丁寧に扱う風潮があるが、韓国はその逆。ブックカバーなどもちろんなく、帯紙を巻いてくれるだけである。これも文化の違いで面白い。

 もう一つ驚いたのが、漢字で書いた本がまったくないことだ。漢字版の韓国地図をずっと探していたのだが、あったのは英語版だけ。初心者向けの漢字学習本を多数見かけたので、もはや韓国では漢字は特殊な文字となってしまったのかもしれない。

 先ほども書いたが、ファッション関係の雑誌とアニメ、漫画、ゲーム(この店にはTVゲーム類も売っていた)の類はとにかく日本輸入物が多かった。日本の政治は嫌いだが、カルチャーは好き、という若者が多いのだろう。日本人としては嬉し恥ずかしいような感じだ。


※参考リンク>>「教保文庫」釜山店(「釜山ナビ」より)

ロッテ百貨店の入口
 ▲西面駅と地下で直結するロッテ百貨店

■ロッテ百貨店とトンカツ


 最後くらい少し観光客らしい所へ行ってみようと思い、ロッテ百貨店に入ってみた。韓国の老舗デパートで、日本で言うところの高島屋や三越といったところか。8階には日本人に有名な免税店もある。

 とはいえ、当方、買物や土産物に興味がないためか10分もいれば飽きてくる。せっかく来たので上階にあるレストラン街で昼食をとることにした。
トンカス
 ▲韓国では「トンカス」と呼ぶ


 レストラン街はロッテリアやダンキンドーナツがある反面、高級そうな日本料理店や韓国料理店もあって、庶民から富裕層まですべてを受け入れるような雰囲気だ。

 韓国最後の食は「トンカツ屋」に決めた。韓国で「トンカス」と呼ばれるその代物は、日本のものとそう変わりはないが、叩いて無理に伸ばしたような感がある。

 辛い韓国料理に飽きた身としては、大変有難くいただいた。日本人にとって、一種の避難食かもしれない。

 昼食を終え、デパート内を軽く散策。バーゲンコーナーで目を血走らせている韓流の奥様方を眺める。今日は平日、日本の奥方と変わらない光景であるが、異国の日常風景は見ていて楽しかった。

 この後、往路と同じ行程で日本に帰っただけなので、特段書くべきこともない。強いて言えば、博多で行くべき店を誤り、不味いラーメンを食す羽目に陥ってひどく気分を害したくらいだ。

 落書きのような駄文を製造するのもこの辺が限界である。そろそろこのつまらぬ雑記を閉じたいと思う。お読み頂きありがとうございました。

(2005.6.20公開)
※文中のデータ等は2005年5月現在のものです。また日本円への換算は便宜上100ウォン=10円で計算しましたが、変動していることが多いのでこの辺りで最新状況をお確かめください。

前のページに戻る
前のページへ

韓国鉄道紀行・雑記編のトップへ
次のページへ進む
次のページへ
ホームに戻る 世界編のトップへ戻る