韓国旅遊日誌
2005/05/02 木浦(モッポ)
ムクゲマーク
■木浦「草原(チョンウォン)観光ホテル」

 韓国3日目の今日は、釜山から海岸線に沿って横に移動。木浦(モッポ)まで15時間の強行軍となった。

 木浦での宿は、「草原観光ホテル」というこの街では最上のホテル。
 日本の著名インターネット予約サイトで5万7480ウォン(5748円)だったから、それほど高くはないのだが、四つ星ならぬ「ムクゲのマーク」が4つ並んでいるので、「1級ホテル」ということになる。

 ちなみに、2つだと「3級」、3つだと「2級」、5つだと「特1級」になるそうである。

 別に高いホテルに泊まりたかったという訳でなく、ネット予約できるのがここしかなかったのであるが、駅から徒歩5分という場所も最適だし、部屋も広いし設備もいい。たまには高級な宿も悪くない。
草原観光ホテル(木浦)

 ただ、設備には満足したものの、ホテルのフロントを含め従業員の愛想は良いとはいえない。動作も緩慢である。

 朝はレストランで「アメリカンブレックファースト」(1万ウォン)を食したのだが、値段の割にいまいちの内容であった。

 日本でも地方都市でよく見かけるが、伝統と名前に胡坐(あぐら)をかいている類のホテルなのだろうか。

 昨年(2004年)4月のKTX開業以来、木浦では日帰り客が増え、ホテルや旅館には大打撃になっていると聞くから、やる気を失っているのかもしれぬ。


※同ホテルはこの年(2005年)の8月31日限りで閉鎖されたとの事(2005/10/16追記)

前のページに戻る
前のページへ

韓国鉄道紀行・雑記編のトップへ
次のページへ進む
次のページへ
ホームに戻る 世界編のトップへ戻る