ハワイ 路線バス紀行
 夢は長かった。透き通る永遠の蒼い海、白い砂浜、何もなかったようにただ陽気に笑う人々、それらをすべて包み込むこの島独特の温かく穏やかな空気と静かに交じり合っていた。ただ、黙って海を眺めているだけでも楽しい所なのだが、少しは旅らしい旅をしたいと思い、重い腰を上げた。
 ハワイ州には人々の住む9つの島々があるが、どこにも鉄道がない。いや、観光用の鉄道ならあるが、人々の生活感を感じるためには、最低でも路線バスが良い。
 オアフ島内には「The Bus」という路線バスが走っていて、1日約26万人が利用している。1回の乗車につき1ドル(2012年現在では2.5ドルになっている)。オアフ島内ほぼ全域に路線を延ばしており、約4時間もかけて島内を循環するバスもある。
 「わずか1ドルで島内を一周してくれる路線バス」という観光ガイドの記述に強く心が惹かれ、朝早く起きて小さな旅に出かけた。
ハワイ諸島位置図 page-1 長い夢に浸れる南の島へ
page-2 たった1ドルの島一周バス
page-3 ノースショアの波と風の音

※参考:「ハワイの楽しさは路線バスが走っていることにある」(筆者ブログ記事、2012年7月)
前のページへ戻る 南の島のバス紀行〜ハワイ  次のページへ進む
鉄道紀行への誘い ホームに戻る
▲鉄道紀行への誘い(国内)ホームへ▲
鉄道紀行への誘い(海外編)トップに戻る
▲鉄道紀行への誘い(海外編)トップへ▲