トップへ戻る
「鉄道紀行への誘い」作者による雑記・日記のページです 〜
■早朝、極寒の駅に放り出される「仮眠夜行」 (2005年1月5日)
新宿駅で停車中のムーンライト信州 お正月も終わり、お仕事のみなさま大変お疲れ様です。今日の東京は寒かったですね。

 私のほうは昨日、家でのんびりしながら拙サイトに18きっぷに関することを書いたりしておりました。

 そこでは触れておりませんが、以前に少し書いた通り、この年末年始の帰省(東京〜大阪)には「18きっぷ」で快速「ムーンライト信州81号」を使うというルートを試してみました。

 日付が変わる直前の23:54に新宿を出発し、翌早朝5:36に白馬に着くという臨時の快速夜行列車で、多客期の週末を中心に運転されています。

 この列車に途中の信濃大町まで乗った後、そのまま塩尻まで戻って、中央(西)線(塩尻〜名古屋※)から名古屋・大阪方面へ向かう…という私のような鉄道マニア以外は考えつかない?奇怪なルートで帰省を試みてみたのです。

※中央本線は新宿〜塩尻〜名古屋の路線名ですが、新宿〜塩尻が中央東線、塩尻〜名古屋間を中央西線と呼ばれています。

 「朝、早起きする位なら夜行に乗ったほうがマシ」などという安易な考えもあってやってみたのですが、この列車がまた寝づらいのです。

 元々は登山客向けの列車なので仕方ないのですが、真夜中の車内放送は当たり前で、深夜の乗り降りもかなりあります。
 寝酒を飲んで、気が付いたらもう松本…。まさに「仮眠列車」といった感じです。
 寝ぼけ気味のまま、極寒の信濃大町駅に放り出されました。

 お陰で、中央(西)線の雪景色を楽しむどころか、大阪に着いたら風邪までひいてしまう始末でした……。

 ただ、半分寝ながら見た雪景色は非常に美しいものでしたし、いつもは2両編成が多い中央西線の普通列車も、朝の便だけは3両編成で空いていて快適でした。

 ぜひ一度、試してみられてはいかがでしょうか?

 「ムーンライト信州」は1〜2週間前でも指定席は比較的取りやすい列車なので、信州方面はもちろん、北陸や信越方面への旅にも重宝しそうです。(ただし、運転日にはご注意を)


 ※写真は新宿駅に停車中の快速「ムーンライト信州81号」(9両編成時のものです。6両編成時は緑色のラインが入った旧「あずさ」色の電車になります)


■今年から当コーナーをお願いいたします! (2005年1月3日)
皇居二重橋
 2005年、今年も拙サイトと当コーナーをよろしくお願い申し上げます。

 昨年の暮れあたりから、流行に乗って「ウェブログ」なるものを始めて早や3ヶ月目。

 確かに日記帳としては非常に楽な面もあったのですが、やはり、自分の思い通りの体裁にできないという不満は残りました(無料ゆえ仕方ないのですが…)。そして、何よりも日々の更新がままなりませんでした。

 だったら、自分のwebサイトで雑記・日記的なものを作って気楽にやったほうが早いのではないか?と思い、早速「自作ウェブログ」?的なページを作ってみました。

 今年からはこちらで日常の雑記を記していきたいと思っております。

 日々更新や旅・鉄道の話ばかりという訳にはいかないかと思いますが、今後ともよろしくおねがいいたします。


 ※なお、これまでの「estbf web」は更新を停止し、アーカイブとしてそのまま残して(放置?)あります。

 ※写真はご存知「皇居二重橋」です。いつものことながら?写真と本文は何ら関係はございません。

作者雑記トップに戻る
鉄道紀行への誘い ホームへ