宮川ダム湖畔道路15分くらい過ぎる路なりに進み途中右下に
   大和谷発電所見ながら約10分行くと
   大和谷支流の小さい橋に出る渡り切った所に車止める。
 
・お問い合わせはこちらから


  大和谷橋(通称・銀橋)

 宮川ダムの対岸を過ぎた頃から大和谷橋まで約15分、左下にダム湖を見ながら右手斜面沿いに四季折々の花を
 散策、聞こえてくるのは小鳥たちのおしゃべりが心地よく聞こえてきます。

 時には山鳥バンビちゃんの遭遇、大和谷橋から更に奥に進むこと10分、秋には一度は訪れてみたい紅葉探索の場所。

 大和谷橋の向こう側右に行くと宮川ダム左に行くと歩いての垣外俣谷方面、橋手前右に行くと歩いての散策コース
 左に行くと大和谷発電所/大和谷/三滝/凉石岩屋。

                                    大和谷発電所近くの紅葉 拡大写真はこちら

 
大和谷橋
 
 
 
                          凉石岩屋の探索と三滝ハイキング
 

 
  場所大和谷終点地点 コース難度最低でも運動靴がベスト登り口より三滝及び凉石岩屋共に約1,5km
    登り口の案内板より抜粋
  苔むした大きな岩穴で定神社の旧祀り跡「禁殺生」の石搭有り、むら一番の美女おさきと紀州藩の若侍
  浅井三郎四郎とのこい小女郎伝説、この恋をねたむ村の若衆に
  凉石岩屋から突き落とされたという、宮川村の村史にも記述が有ります。

 




















   トップに戻る   上 に  
 
 
Copyright (C) Onishi. FurusatoHashhin. All Rights Reserved